バイアグラは勃起不全の改善にはとても効果的ですが、副作用を引き起こす可能性も秘めています。ED治療薬の副作用を理解しないで服用して身体に異常が出ることは非常に恐ろしく感じるはずです。副作用の出かたは薬の種類によっても変わってくるのでED治療薬の種類について見ていきましょう。

ラブグラは女性用バイアグラ!?その効果とは

2つのカプセル

ラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれる女性版EDを治療するためのバイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラを女性が服用してもある程度の効果を得ることができますが、ラブグラの方が女性の身体に合わせて開発されているのでバイアグラよりも高い効果を得られ副作用を抑えられます。

服用することによって血管を広げる働きを妨げるPDE5と呼ばれる酵素の働きを抑えるという働きがあるのです。
これはバイアグラを男性が服用したときと変わりありませんが、違うところは血管を広げると血液の流れを改善する部位になります。
男性がバイアグラを服用した場合は陰茎の血流が改善されますが、女性がラブグラを服用した場合は女性器の血液の流れが改善されます。
さらに、膣に分泌される体液の量が多くなることによって不感症の症状を緩和します。

近頃は女性特有の悩みがオープンとなり、女性の性的な興奮障害であるFSADや、女性の性機能が不全となるFSDという症状を医学的に治療する取り組みが行われているのです。
FSDには性欲が低下する障害や性的な興奮が得られなかったり、濡れなかったり、気持ちが性交渉の最中に冷めてしまったりする興奮障害、性嫌悪症などがあります。
そういった取り組みの1つとしてラブグラは有効に活用されています。

ラブグラは用法や用量を守っていれば深刻な副作用を引き起こす可能性は高くありません。
良く見られる症状は頬が赤らんだり、火照ったり、頭痛がしたりといった血管が広がったことにより引き起こされる症状で、ほとんどの場合は有効成分の効果が切れるのに従って自然と治まるぐらいの軽い症状です。

かつては女性用バイアグラといえば主成分としてフリバンセリンが配合された医薬品でしたが、即効性がないために女性用バイアグラの地位はラブグラに取って代わられたという経緯があります。

ジェネリック薬の配合成分フリバンセリンとは

女性用バイアグラのジェネリック薬の配合成分であるフリバンセリンは、もともとは抗うつ薬として開発されたものですが、ドーパミンとノルエピネフリンという性欲を刺激する神経伝達物質の分泌を促すはたらきがあります。
また、性欲を減退させるセロトニンの分泌を抑制しますので、閉経前の女性の性的欲低下障害の治療薬としてFDAに申請されました。

しかし、めまいや吐き気、眠気、失神などの副作用が報告されており、薬の効果も不十分といわれていますので、過去に2回FDAに承認を却下された経緯があります。
この従来のバイアグラ薬の成分は、ある種の避妊薬やアルコールと同時に服用することによって、副作用が強まったり乳がんリスクが高まる可能性も指摘されていました。

臨床試験では、フリバンセリンを服用した女性のうち43パーセントから60パーセントが効果を実感したという結果がでています。
しかし、その内の何人かの女性は副作用のために服用を中止するだけではなく入院に至ったケースもあったことから安全性に対して疑問視する意見があります。
一方、ラブグラはシルデナフィルが主成分の女性用バイアグラで女性版EDを治療するためのジェネリック医薬品です。
ですから、ラブグラは空腹時を避けてアルコールと一緒に飲まず用法や用量をきちんと守って服用すると副作用の心配は高くありませんので、有効活用されています。

このシルデナフィルはバイアグラに使用されている成分ですが、女性用に改良された治療薬で安全性が高いです。
男性は服用することはできず、妊娠されている方や妊娠の疑いがある方は服用を控える必要があり、他の薬との併用や持病がある方は医師に相談した上での服用が求められています。