バイアグラは勃起不全の改善にはとても効果的ですが、副作用を引き起こす可能性も秘めています。ED治療薬の副作用を理解しないで服用して身体に異常が出ることは非常に恐ろしく感じるはずです。副作用の出かたは薬の種類によっても変わってくるのでED治療薬の種類について見ていきましょう。

バイアグラジェネリックのカマグラの効果と副作用

色々な薬

男性の悩みも色々ありますが、特に勃起不全や勃起障害など、性に関することは多くの方が感じています。
専門的な病院を受診した際には、治療のためのお薬としてバイアグラを処方されることが多いです。
この薬は、保険は適用されませんが血管拡張の効果があり、十分な血液を流すことが出来るようになるため、勃起不全や勃起障害などを解消することが出来ます。

ちなみに、バイアグラのジェネリック薬品としてはカマグラというお薬があります。
こちらはバイアグラと同じシルデナフィルという成分で構成されていて、効果はほとんどかわりません。
ちなみにカマグラゴールドという名前でもでていますが、これはインドで販売されているか、インド以外で販売されているかの違いになります。
カマグラとカマグラゴールドは内容は全く同じです。

勃起不全、勃起障害(ED)の原因は様々ですが、精神的なことが影響していることもあれば、年齢的な衰えが影響していることもあります。
しかし多くのケースでは治療薬を服用することによってEDは解決されていきます。
ここで気になる副作用ですが、血管を拡張するという血液の流れに関係しているお薬であることから、頭痛や鼻づまり、圧迫感や急激な血圧の変化が起こることもあります。
場合によっては胸のドキドキ感や吐き気が起こることもあります。

しかしED治療薬の多くでこういった副作用の症状が見られると注意書きがあるように、成分の内容によって起こることですので使用の量を控えたり時間が経つ事で治まってきます。
容量を守っていればそこまで心配することはありません。
しかしごくまれであっても副作用が出ることが有りますので注意しましょう。

併用してはいけない薬としては、ニトログリセリンなど硝酸剤、不整脈の治療に使われるアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠があげられています。
心臓血管系疾患や網膜色素変性の疑いがある場合も、悪影響が出てしまう事が有りますので要注意です。

安価なジェネリックでも効き目はさほど変わらない?

日本でも有名なファイザー製薬の「バイアグラ」は、ED(勃起不全)で悩む男性に大きな自信を取り戻してくれる人気の薬になっています。
しかし、日本で安全に信頼できる「バイアグラ」を手に入れるためには、病院などの医療機関を受診して医師の診断を受けて処方してもらう必要があります。
医療保険が適応にならない自由診療のため、医療機関によって薬価に差がありますが、平均して1錠当たり1,300~1,500円と高額になります。

この経済的な負担が大きい現状から、ジェネリック薬品である「カマグラ」や「カマグラゴールド」を使用する人が多くなっています。
個人輸入によって取り寄せるようになりますが、1錠当たりの薬価が約300~400円と「バイアグラ」に比べればリーズナブルになるため人気です。

「バイアグラ」と比べても「カマグラ」や「カマグラゴールド」の成分は、ほぼ似通っているため、効果はほとんど遜色ありません。
注意点としては、薬の成分は腸から吸収されるため、食べ物や脂分がある状態は、薬の吸収が阻害されて効果が半減以下になってしまいます。
「やはりジェネリックは効果が弱い。ニセモノを買わされた。」と思う前に内服の用法・容量を見直した方がいいかもしれません。
なるべく空腹時に内服することで効果を最大限に得られることができます。

「カマグラ」や「カマグラゴールド」も副作用があります。
「バイアグラ」の副作用と同様に頭痛や鼻づまり、血圧の変化による気分不快などです。
先に述べたように、医療機関で手に入れている人は医師に身体の不調を相談することができますが、ジェネリック薬品を個人輸入で手に入れている人は自己責任となってしまいます。
なので、十分な検討が必要になってきます。