バイアグラは勃起不全の改善にはとても効果的ですが、副作用を引き起こす可能性も秘めています。ED治療薬の副作用を理解しないで服用して身体に異常が出ることは非常に恐ろしく感じるはずです。副作用の出かたは薬の種類によっても変わってくるのでED治療薬の種類について見ていきましょう。

バイアグラの副作用が命に関わる!服用できない人とは

困っている男性

バイアグラは日本では1999年に認可され、今日までED治療薬のパイオニアとして多くのリピーターを生み出しています。
最近では携帯に便利で飲みやすいフィルムタイプのものや、水なしでも飲める舌下錠タイプのものも販売されており、さらに人気を集めています。
バイアグラがこれだけの人気を集めた背景には、それまで真に有効なED治療薬が存在しなかったことや、バイアグラが多くのED患者の症状を改善したことがあげられます。

実はバイアグラは、当初からED治療薬として開発されたものではありません。
その有効成分であるシルデナフィルは、当初、狭心症など心臓病の治療薬として開発されていましたが、思ったような臨床結果は得られませんでした。
ところが、その血行促進作用が偶然にもED治療に効き目があることが発見され、ED治療薬へと方向転換されたものです。

このような経緯を経てバイアグラは製品化されることになりましたが、ED治療に有効である反面、副作用が発生しやすい薬としても知られています。
一般的には「顔のほてり」「頭痛」「鼻づまり」「目の充血」「動悸・息切れ」といった副作用の症状が見られますが、いずれも血行促進作用がもたらすものであり、時間の経過とともに治まります。

しかしながら、心臓に持病を持っている人は、その症状が悪化したり、最悪の場合は命に係わることもありますから注意が必要です。
バイアグラの血行促進作用によって血管は拡張されますが、そのことが原因で低血圧を引き起こし、心臓に十分な血液が運び込まれなくなる場合があります。
とりわけ、心臓に持病を持っている人は、血液の循環を良くする常用薬を服用していますが、バイアグラと併用することによって、必要以上に血管を拡張してしまい狭心症などの発作を引き起こすリスクが高まります。

したがって、心筋梗塞や不整脈といった心臓病を患っている人はバイアグラを服用できない可能性が高いので、すでに治療が終わっている人であっても、事前に病院に相談しておくことが得策です。

常用している薬がある場合は併用可能か医師に相談

バイアグラの副作用として有名な、顔のほてりや頭痛などは、服用することによって血行が急激に促進されることで起こります。
血行促進作用は全身にわたるため、顔だけではなく心臓に作用すれば動機になりますし、鼻粘膜では鼻づまりが起こります。
こういった副作用は一時的なものが多く、慣れるにしたがって大したことではないと思いがちです。

しかし、持病がある人や、常用薬がある人がバイアグラを飲む場合は注意が必要です。
病気が悪化してしまうばかりか、命の危険もあるためです。
もし、常用薬がある人は処方してもらう前に医師に相談しましょう。

バイアグラと一緒に飲んではいけない薬として、ニトログリセリンがあります。
この薬や狭心症や心筋梗塞に対して使われる薬ですが、その効果は血管を拡張して血流を促すものです。
この効果はバイアグラと同じで、併用すると効果が強く出過ぎてしまい、血圧が過度に下がることで命の危険性もあります。

ニトログリセリンは硝酸剤と呼ばれます。
同じ硝酸剤である、アンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠も一緒に服用してはいけません。
硝酸剤は不整脈などの薬にも配合されています。
飲み薬だけでなく、貼り薬や吸入薬、塗り薬などにも含まれているので注意しましょう。

ただ、自分で飲んでいる薬に硝酸剤が含まれているのかを調べることは難しいことです。
常用薬があれば、自己判断せずに医師に相談する必要があります。
高血圧や低血圧でも数値によっては、バイアグラを飲むことができないケースもあります。
高血圧は数値が安定していれば飲めるケースもあるので、身体の状態を隠すことなく正直に申告してバイアグラを処方してもらうようにしましょう。
安全に服用するために必要なことです。